たまには映画の感想や真面目な記事もあるけど、基本的には漫画やゲームのキャラに傾倒する雑食性ブログです。

美容室でセットしてもらっても、自宅で再現できない。
昨年の秋口頃から、とある美容師さん専属のカットモデル(?)をしてます。
と言っても、ようはアシスタントさんの練習台です(笑)

アシスタントさんは、美容師見習いの立場のようで、カットはできません。
基本的にカットはしないのですが、必要な際は、お店のスタッフ(美容師)さんがやってくれます。
アシスタントさんの練習なので、営業時間外にて無料です。


流れとしては、アシスタントさんがモデルさんを洗髪・ブロー・セットして、スタッフさんに確認をしてもらいます。
OKが出たら終わり。
もう一度やり直しする時もあります。
やり直しは一度だけ。


で。
昨日いつものように洗髪・ブロー・セットしてもらい、確認に。
今回は、毛先が緩くウェーブする感じの髪型でした。
そのとき、スタッフさんと
「最後に髪を切ったのはいつ?」
という話から(三ヶ月くらい前に練習台として来たとき、切り揃えてもらいました)
「髪の長さが一緒で、ただ長いだけだから、動きが出ないんだよね」
と言われ。
最近、少し切りたいなー、前髪作りたいなー思っていた事を伝えると、「前髪を作らないまでも、前の方の髪の毛先を少し切るだけで十分だよ」と。
ということで、前の方の髪のカットと、ついでに全体の毛先も整えてもらいました!(嬉々)


その後、セットはやり直しだったので再びシャンプー台へ。

そこで私は驚愕の真実を知る。

シャンプーされながらアシスタントさんが教えてくれました。
「今カットしたの、うちの店長なんですよ。ラッキーでしたね(笑)」

思わず、硬直しました(笑)

そこの美容室、実はファッション雑誌に何度も掲載される超有名店なんです。
スタッフさんも有名人らしいです。

オサレな土地にあるので、ただでさえ自分は場違いなのに!
店内も超オサレで、いまだに緊張するのに!
普通に指名したら、きっと高い指名料がつくんだろうに!

シャンプー台の上で恐縮しきってました(笑)
初めてお店に行った時はオサレすぎてビビりましたが、あれ以来の驚きでした。

だから
「前回カットした人より、自分の方が偉いですから(笑)」
なんて言ってたんですね…
偉いどころの話じゃない(笑)


その後、確認の時とお見送りして頂いた時にお礼を言って帰宅しました。



とはいえ、あくまでもアシスタントさんの練習台ですから。
行けば必ずしもカットしてもらえるわけではなく、本当に必要に応じてです。
「この髪型にしてください」なんて事はできません。


営業時間外、アシスタントさんの練習時間なので、普段の美容室よりも少し厳しい雰囲気です。
アシスタントさんが注意される、叱られるのは当然にある光景ですし、気まずくなる時も稀にあります。

練習台になるモデルさんも、良いことずくめ、というわけではありません。

けれど、真剣に練習をするアシスタントさんや、それを見守り指導するスタッフさんを見ていると、「あぁ、自分も頑張ろう」という思いが湧いてきます。
自分が練習台になる事で、アシスタントさんがスタッフさんへ一歩近づくお手伝いが出来てるんだと考えると、嬉しくなります。


アシスタントさんと出会えて良かったと、心から思います。
スポンサーサイト

違いは微妙。しかし大きい。
生きてる。

けど

活きてない。

ふえーい
全体撮影用のシナリオ、完成しましたよー
火曜日に持って行きます!
私、最近サークルに行ってないけど、一年生に忘れ去られてない…よね?;(ビクビク)

私は追い詰められないと頑張らない性質なので、終盤はヘロヘロでした(笑)
そして追い詰められるときに限って、最高に好きなキャラクターに出会って、思考をキャラクターに邪魔されるという(笑)

いや、でも、神威さんはイイ!!
高杉さんと同じくらい好きになりました。
いくつかコミュニティに参加しました。
そして金欠なのに、吉原炎上篇の二冊買いましたw

すべて愛故、愛故。

おかげで二次創作の方も意欲がアップ。
しかし、書いたのはアイシールド21の筧とスラダンの流川(あれ?)



今回シナリオを書いていて思った事を。

書くにしろ描くにしろ、創作はいずれも自己表現ですよね。
自分の中に蓄積されたモノを元に、想いや思想を作品に投影する。
そうでなかったらオリジナリティが無いし、魅力も無い。
その時期の気分や影響を受けたモノによって作風は変わるかもしれません。
それも、自分の一部。
内容が大衆受けしなくても、誰か一人でも何かを感じ取ってくれたら嬉しい。

この全体撮影用のシナリオは、思い入れのある物語です。

オリジナリティがあるか、魅力的かどうかは分かりませんが、自分の持つモノを精一杯書き込みました。
不安も恥ずかしさもありますが、自分の分身みたいなものですから。
胸を張って送り出そうと思います。

神威さん!
絶賛・神威フィーバー襲来中です(笑)

久しぶりにヤバイです、神威さんの事しか考えてない←
サークルのシナリオ査定が近いのでシナリオ書かなきゃとか色々と切羽詰まってたんですが、あらすじを考えてると神威さんに邪魔されてました(笑)

シナリオは書きおわったので一安心です。


文章置き場も、もっと更新したいです…
ひとまず、今日はアイシールド21の筧くんをアップしましたよっと。
Copyright © 燔の庵. all rights reserved.